contact us jpkrencn

事業内容

げっ歯類脳血管疾患薬効評価システム

あなたはここにいる:ホーム > 事業内容 > ワンストップ総合サー... > げっ歯類脳血管疾患薬...

メディシロン社MCAOモデル評価システムのメリット:安定した病変、高い成功率、高い生存率を備えたラットおよびマウスの MCAO モデル;用量効果、時間効果関係の信頼できる効果的な評価;一過性脳虚血および永続的脳虚血の有効性評価;STAIR技術ガイドラインに準じて、各種重要な薬力学的試験実施可能;モデル動物は、顧客の要望に応じて、特殊な疾患、完成度の高い効能評価系へとカスタマイズする事が可能。

脳血管疾患とは

心臓血管および脳血管疾患は、高脂血症、血液粘度、アテローム性動脈硬化症、および高血圧によって引き起こされる心臓、脳および全身組織の虚血または出血などの疾患を指す

Disease
ICD 10
Models
Intracerebral hemorrhage I60-I62 Intracranial Autologous Blood Injection,Subarachnoid hemorrhage
Cerebral infarction I63 Ischemic stroke model
Stroke I64
Cerebral thrombosis I65
Cerebral Embolism I66
Other I67-I69 Other

中国では、循環器・脳血管疾患の年間治療費は5406億元で、脳血管疾患の年間治療費は循環器・脳血管疾患治療費の25.68%を占め、その中で虚血性脳卒中は18%、出血性脳卒中は7%を占めています。

脳血管疾患の一般的なげっ歯類モデル

◊ 虚血性脳卒中と出血性脳卒中モデルは、脳血管系の中で、最も一般的に使用される薬力学的評価システムです。 その中でも、中大脳動脈閉塞 (MCAO) は、米国国立衛生研究所 (NIH) および脳卒中治療学術産業評議会(STAIR) によって推奨される重要な薬力学評価システムです。

メディシロン社MCAOモデル評価システムのメリット

• 安定した病変、高い成功率、高い生存率を備えたラットおよびマウスの MCAO モデル。

• 用量効果、時間効果関係の信頼できる効果的な評価。

• 一過性脳虚血および永続的脳虚血の有効性評価。

• STAIR技術ガイドラインに準じて、各種重要な薬力学的試験実施可能。

• モデル動物は、顧客の要望に応じて、特殊な疾患、完成度の高い効能評価系へとカスタマイズする事が可能。

MCAO マウスモデル評価システム - 用量反応および時間反応関係の評価

動物: ICR マウス、雄性

群: 対照群、モデル群、陽性薬物群

方法:

• マウスの右中動脈を結紮法で閉塞し、1 時間閉塞後、結紮解除再灌流を行う。

• 用量反応評価:陽性薬剤物であるXianbixin20、10、1、0.1、および0.01mg/kgを梗塞0.5時間、再灌流後に動物に静脈内投与し、用量反応関係を評価する

• 時間効果の評価: 梗塞 0.5 時間、および再灌流後 2 時間、6 時間、8 時間、10 時間に、動物に陽性薬物Xianbixin20 mg/kg を静脈内投与し、時間効果の関係を評価する。

評価指標

梗塞体積はTTC法で測定し、脳の水分量は乾燥法で測定する。

MCAO マウスモデルの評価 - 用量反応関係

用量反応研究 (TTC および脳の水分量)。(mean±SEM)

MCAO マウス モデルの評価 - 時間効果の関係

時間効果関係 (TTC と脳の水分量) (平均±SEM)

MCAO マウスモデル評価システム - 効能を示す時間域の評価

動物: ICR マウス、雄性

群: 対照群、モデル群、陽性薬物群 (Xianbixin )

方法:

• マウスの右中動脈を結紮法で閉塞し、1h、2h、4h 時間閉塞後、結紮解除再灌流を行う。

• 効能時間域の評価:陽性薬剤であるXianbixin20mg/kgを梗塞の0.5時間後に動物に静脈内投与し、効能時間域の評価を行う。

評価指標

梗塞体積はTTC法で測定、排水法で脳の体積を測定、脳の水分量は乾燥法で測定。

結果

治療時間との関係の評価 A:TTC;B:脳の体積,C:脳の水分量(mean±SEM)

MCAO マウスモデル評価システム - 神経機能回復の評価

動物: ICR マウス、雄性

群: 対照群、モデル群、陽性薬物群 (Xianbixin )

方法:

• マウスの右中動脈を結紮法で閉塞し、1時間閉塞後、結紮解除再灌流を行う。

• 神経機能回復の評価:陽性薬物であるXianbixin20mg/kgを梗塞の0.5時間後に動物に静脈内投与し、効能を示す時間域を評価する。

評価指標

Zea-longaスコアー、平均台通過時間、ロータロッド滞留時間、握力

MCAO マウスモデル評価システム-神経機能回復

神経機能回復の薬効学評価:A:Zea-longa評価、B:平均台通過時間

神経機能回復の薬効学評価: C: ロータロッド滞留時間、D: 握力(mean±SEM)

MCAOラットモデル評価システム

動物: SD ラット、雄性

群: 対照群、モデル群、陽性薬物第1群 (Edaravone )、陽性薬物第2群(Nimodipine)

方法:

• マウスの右中動脈を結紮法で閉塞し、2時間閉塞後、結紮解除再灌流を行う。

• 薬効の評価:陽性薬物を梗塞の0.5時間後に動物に静脈内投与し、2つの陽性薬物の薬効を評価する。

評価指標

Zea-longa評価スコアー、梗塞体積はTTC法で測定

結果-1: ラットの行動スコア

ラット行動評価(Zea-longaスコアと動物行動)

結果-2:脳TTC染色

脳梗塞体積評価(TTC染色と梗塞体積比)

あなたが興味を持っているかもしれない他の記事:

1. Novel Parkinson's Therapies Possible with New Mouse Model

2. New Player in Alzheimer’s Disease Pathogenesis Identified

3. Neuropathic Pain Eased by Novel Light-Based Technique

4. MS Drug Slows Brain Shrinkage by Nearly Half

関連研究室